そったく日記

三重県消防学校

救助技術指導会 水上の部

初任科第56期は、救急課程に入り、鳥羽海上保安部から1名の仲間も増えたところで、夏休みでなまった体を鍛えるため、また、さらなるチームワーク向上のため、「救助技術指導会 水上の部」を行いました。

f:id:rw126010:20190820145425j:plain  f:id:rw126010:20190820145359j:plain    

<種目>

①水中結索(3名1チーム)

②水中検索救助(5名1チーム)

③班別対抗リレー

f:id:rw126010:20190820145347j:plain  f:id:rw126010:20190820145411j:plain

学生みんなが全力で取り組み、おおいに盛り上がりました!

f:id:rw126010:20190820161220j:plain        f:id:rw126010:20190820161238j:plain

毎年夏になると全国各地で起きる水難事故。

学校卒業後は、海や川で発生した水難事故に出動することになる。

泳ぎが苦手、寒い、暑い、水が汚いなど言ってられない。

人を救うため、自分の身を守るためにも基本的な泳力は必要です。

この指導会をきっかけに、さらに人命救助にあつい気持ちを持った

消防士になってくれれば

と願っています。(s.s)

 

 

 

本日より救急課程(第22期)始まる

 本日19日より、救急課程が始まりました。この課程では海上保安部職員1名を加え、73名で実施しており、救急救命士の資格を持つ学生は6名おります。
 先週までは、初任科の授業で暑い外での訓練ばかりでしたが、救急課程では内容が大きく変わり、教室で県内各病院の医師や各消防本部の救急救命士による講義及び実習を受け、10月中旬まで救急の専門的知識を学びます。
 

f:id:rw126010:20190819131924j:plain

f:id:rw126010:20190819131944j:plain

f:id:rw126010:20190819131958j:plain


また、26日から1週間は救急車同乗研修があり、各消防本部に戻って現場経験を積んで消防学校に戻ってきます。初めての救急出動をするので色んな事案もあり、きっと緊張したりして大変だとは思いますが、その経験により、また一回り成長した学生になって戻って来ることと期待します。(MF)

消防活動訓練の効果測定

 本日(7日)は、消防活動訓練の効果測定を行いました。
 「防火衣着装」「ホース延長」「三連梯子2階進入」について、技能が習得できているかを測定しました。
 8月19日からは救急課程が始まります。約2か月間の救急課程では、救急隊員として必要な多くの知識や技能を学び、しっかり習得しなければなりません。
 初任科生には、救急課程を含み残り4か月間、1日1日全力で取り組んでくれることを期待しています。(M.A)

 

三重県消防学校ホームページへ

f:id:rw126010:20190808165201g:plain

f:id:rw126010:20190808165217g:plain

f:id:rw126010:20190808165234g:plain

f:id:rw126010:20190808165142g:plain

 

 

 

 

 

 

救助機器取扱訓練の効果測定

 初任科生は入校から4か月が経過し、教育期間の半分が終了しました。
 この4か月間の厳しい訓練を乗り越え、規律・忍耐が徐々に身についてきていると感じます。また、実践的な訓練を繰り返し行ったことにより、技能・知識も高まってきています。
 これまでの救助機器取扱訓練により、一人一人の初任科生が技能を習得できているかを確認するため、「ロープ結索」「確保」「三連梯子操作」「空気呼吸器装着」について効果測定を行いました。
 初任科生は、全員が全力で効果測定に臨んでいました。(M.A)

三重県消防学校ホームページへ

 

f:id:rw126010:20190808162050g:plain

f:id:rw126010:20190808162007g:plain

f:id:rw126010:20190808164002g:plain

f:id:rw126010:20190808163912g:plain

f:id:rw126010:20190808163851g:plain

f:id:rw126010:20190808163935g:plain

f:id:rw126010:20190808162120g:plain

f:id:rw126010:20190808162101g:plain

 

 

 

救助機器取扱訓練(8/1,8/2)

初任科生は、2班にわかれ各日小学生消防学校1日体験(住民指導訓練)と

救助機器取扱訓練(終日)を行った。

94時間にわたる救助機器取扱訓練も、効果測定を残し最終日である。

 f:id:rw126010:20190803092721j:plain

付与された指令に基づき、実際の現場を想定した想定訓練を行った。

これまでの実科訓練・課外訓練で行ってきた技能・技術を駆使し、

班員で大きく声をかけあい、要救助者を助けるため最善の方法を各班で判断し

救助活動を行った。

 f:id:rw126010:20190803092819j:plain  f:id:rw126010:20190803092809j:plainf:id:rw126010:20190803092834j:plain

 

訓練終了後、各救助教官からの訓示があり、4か月の成長を振り返るとともに

各教官それぞれの経験を踏まえ、消防人としての意識の持ち方など初任科生への

激励が送られた。

最後に主担当教官から、56期に熱いメッセージを送っていただいた。

「要救助者の命を救うだけではない。1秒でも早く救出し、

 要救助者の人生も救える隊員になってほしい。」

初任科生たちにも主担当教官の熱い思いが伝わっただろう。

f:id:rw126010:20190803092730j:plain

消防学校での訓練も残り4か月となった。

日々たゆまぬ努力をして成長していってほしい。

頑張れ初任科生!   (三重512)

f:id:rw126010:20190803092741j:plain

f:id:rw126010:20190803092845j:plain

 

 

 

小学生一日体験入校

 小学生一日体験入校を開催しました。
 小学生の体験をお手伝い・指導したのは、初任科の学生です。
 午前中は「煙体験」「消火器取扱訓練」「屋内消火栓取扱訓練」を、午後は、「消防車両見学及び体験乗車」「ロープ渡過体験・防火衣着装体験」「地震体験車・初任科訓練見学」を行いました。
 子どもたちは、みんな楽しそうに体験をしていましたし、初任科学生も活き活きと楽しそうにお世話をしていました。
 参加してくれた子どもたちの多くが、体験を通して『将来消防士になりたい!!』と思ってくれたら嬉しいと思っています。 (M.A)

 

f:id:rw126010:20190802160627g:plain

f:id:rw126010:20190802160650g:plain

f:id:rw126010:20190802160830g:plain

f:id:rw126010:20190802160727g:plain

f:id:rw126010:20190802160744g:plain

f:id:rw126010:20190802160704g:plain

f:id:rw126010:20190802160758g:plain

f:id:rw126010:20190802160744g:plain

f:id:rw126010:20190802160817g:plain

 

 

 

初任科(第56期)救助技術指導会

夏晴れの本日、初任科(第56期)の救助技術指導会を開催しました。

先日行われた東海地区救助技術指導会を目の当たりにして、先輩たちの姿に、技術に、チームワークに、熱い気持ちに大きな影響を受けたと思います。

開会式では、学生代表が元気に選手宣誓を行い、

団体競技として障害突破訓練を各班対抗で実施しました。

日ごろの訓練や体力錬成の成果、また、活動班のチームワークを十分に発揮して

元気よく競技に臨みました。

個人競技として、各班から2名がはしご登はん(15m)に、1名がロープ登はん(15m)にチャレンジしました。

仲間からの声援を受け、あきらめない気持ちで最後までやりきっていました。

結果がよかった班、悔しかった班など様々な思いが見えましたが、

56期全員が盛り上がり、無事ケガなく終えました。お疲れさん!

この経験・熱い思い・仲間との絆を今後の学校生活でも活かし、

暑い夏を乗り切ってほしい。

また、所属の先輩たちに追いつき、追い越す強い気持ちを持って、

過ごしてほしいと思う熱い一日でした。(S・S)

f:id:rw126010:20190729195946j:plain

f:id:rw126010:20190729200043j:plain

f:id:rw126010:20190729200126j:plain

f:id:rw126010:20190729200137j:plain

f:id:rw126010:20190729200018j:plain

f:id:rw126010:20190729200030j:plain

f:id:rw126010:20190729200104j:plain

f:id:rw126010:20190729200115j:plain

f:id:rw126010:20190729200147j:plain

f:id:rw126010:20190729200205j:plain